子供用の携帯、スマホについて

今では幼稚園からスマホや携帯を持つ時代です。

とはいえ、やはり電話やスマホを子供に持たせるには・・・心配や不安も多いですし、月の料金も心配ですよね。

防犯面でもスマホや携帯は子供に持たせたいですが・・・。

 

続きを読む

ガラケー、根強い人気 シンプルな機能、電池も長持ち

やはりガラケーの人気は根強いものがありますね!

WS000112

 

使いやすさ、ムダのない携帯としての機能、バッテリーの寿命、月額料金の安さ・・・。

キャリアのガラケーと格安スマホを組み合わせればかなりスマホ月額は安くできそうだ・・。

↓ヤフーニュースからの抜粋です。

「好評のドコモケータイも、バージョンアップして提供したい」。9月末に大阪市内であったNTTドコモの新商品の発表会。スマートフォンの後で、ガラケーが紹介された。

二つ折りを開くと、上に画面、下にテンキーがあるおなじみのスタイル。日本独自の機能が多く、隔絶された環境で進化したガラパゴス諸島の生き物に例えられた。スマホに比べて機能がシンプルで電池が長く持ち、毎月の料金も安めなのが、支持される理由だ。

調査会社のMM総研によると、従来型の出荷台数は2014年度、7年ぶりに前の年度を上回った。

今年3月末では、国内の携帯端末の54%はスマホが占め、今後も増える見通しだ。通信会社やメーカーにとってはガラケーをつくり続けるのは負担が重い。それでも一部の利用者の支持が根強いため、各社とも数は絞りつつも新商品を投入している。

ここに来て注目されているのが、ガラケーの形を残しつつスマホと同じ基本ソフト「アンドロイド」を使った商品だ。これも従来型の携帯に分類されるが、「ガラホ」とも呼ばれ、NTTドコモ、KDDI(au)に続いて、ソフトバンクも11月から売り出す。

メーカーにとっては基本ソフトが共通なため、開発費を抑えることができる。無料で通信できる「LINE」のような、スマホ向けのサービスも使える。

続きを読む

国内通話かけ放題の「NifMo でんわ」

ついに格安スマホで国内通話かけ放題プランが登場しました。ニフティは、月額1300円(税抜、以下同)で国内通話がかけ放題になる「NifMo でんわ」の提供を開始するようですね。

WS000111

月額2700円で海外宛の通話も定額になるプランも用意されるとのことです。NifMoの音声通話SIMが必要となるため、たとえば「3GBプラン+音声通話」(月額1600円)で国内かけ放題(1300円)を利用すると、あわせて2900円で3GBの通話定額プランという形になるようです。

となると、ドコモ、ソフトバンク、auよりも通話総額的には安くなりそうです。

今後はアンドロイド、iPhoneでも両方で使えるようになるそうですが、当面はアンドロイドスマホだけのようです。

本格的な格安スマホの活用はこれからでしょう!

 

 

続きを読む

スマホやタブレットなどの最新機器について

スマホやタブレット、テレビやラジオ、雑誌で紹介されているITアイテムやネットサービスについてまとめていきます♪

 

13

 

仕事柄、外出や出張も多いだけでなく、結局ITツールが好きなものでつい調べグセがでてしまってその辺のまとめたネタも紹介していきたいと思います。

スマホやタブレットを安く使う方法とか、安く買う方法、子どもやじいちゃん、ばあちゃんも安心して簡単に使えるスマホやタブレットなんかも紹介していきたいと思ってます。もちろん最新のアイテムの情報も自分なりにまとめていきます♪

続きを読む